iPhoneで通話中に声が聞こえにくいと言われた!原因と対処法

相手の声はしっかり聞こえているのに、自分に声が届かない…。実は、よくあることなんです。本記事では、やってしまいがちな原因を知り、正しく対処する方法をご紹介します!以下の内容を試しても上手くいかないケースでは、修理を検討してみてください。

 

 

 

原因&対処法:ノイズキャンキャンセリング・マイクを隠している

iPhone背面、カメラの横に小さなマイクがあります。周りの雑音を消してくれるノイズキャンセリングマイクなのですが、これがカバーや指などで塞がれるケースがあるんです。特にiPhone専用以外のカバーを使用している方に目立つ事例です。マイクを塞いでいないか、iPhoneの持ち方に問題がないのかチェックしてみましょう。

 

原因&対処方法:Bluetooth機能をonさせたままになっている

Bluetooth機器に接続されていると、iPhoneのスピーカー・マイクが正常に使えなくなるケースがあります。接続をオフにしてみましょう。

 

原因&対処方法:消音ボタンを気が付かない間に押している

通話中に画面をタップすると消音出来る機能が搭載されています。IPhoneではマイク〜2CM位まで顔が近づいた時点で自動に暗く画面が変わりますが、特に横向きに近い状態での通話や手が離せずに肩で挟んで通話する際に、消音ボタンをタップしている方も多いようです。

 

原因&対策方法:電波が届きにくい環境にいる

恐らく多くの方が4G回線を使用しています。ですが、まだ対応エリアが3Gよりも狭く、電波が届きにくい傾向にあります。「外では電話がつながるけど、屋内で繋がりにくい、途切れる」という方は回線を3Gに切り替える、以下の方法をトライしてみて下さい。

  1. 設定→モバイル通信データ→モバイルデータ通信のオプションをタップ
  2. 4Gをオンにする→オフをタップ。

    逆に4Gを優先して使用したい時には「データ通信のみ」・「音声通話とデータ」をタップします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?思い当たる点はありましたか?上記の方法を全て試してみても効果がないようであれば、残念ながら本体故障の可能性が高いです。IPhoneの修理窓口に相談し、修理が必要な場合は正規店または修理店でしっかりと対処してもらって下さいね。

iPhoneのガラスを割らずに長く使う方法

iPhoneのガラス画面は、割れやすいことで知られています。本体の作りから機種によってはアンドロイド以上に衝撃に弱いのは確かです。だからこそ、しっかりと防御してあげる必要があります。ここでは、iPhone修理屋が見てきた経験から、皆さまにiPhoneのガラスを割らずに長く使うコツをご紹介したいと思います。

 

バンガーリングを付ける

スルスルと滑りの良いiPhone。気を付けているつもりでも、ポケットや鞄から出した時に、手渡しで友人に画面を見せる時などに手からスルリと落ちてしまった経験はありませんか?こんな時に役立つのが「バンガーリング」です。ただし、レザーやPUレザー素材、又は凹凸したカバーの上からは付けられないので注意しましょう。

 

画面は「強化ガラス(出来れば縁までしっかり覆うタイプ)」で徹底防御

特にiPhoneの端に要注意です。落下時に、フレームからの衝撃が伝わりやすいのと同時に、iPhone6以降に関しては画面が露出しています。端はわれやすさNO1の箇所です。フィルム程度では汚れくらいしか予防できません。ガラス製の強化フィルムで徹底的に画面を防御していきましょう。

 

値段は1,000〜4,000円前後と様々ですが、正直なところ1,500 円以上であれば、最低限の身代わり機能を発揮してくれます。あまり高いものに拘る必要はないでしょう。「Simplism iPhone 7 Plus [FLEX 3D] 立体成型フレーム ガラス フィルム」など、ディスプレイの縁までしっかり保護してくれるタイプだと、角割れも防げておすすめです。

 

衝撃につよい「ケース」でiPhoneをカバー

「正面から落としたワケじゃないのに、画面がボロボロ」というケースが非常に多いiPhone。これは、アンドロイドの本体ではプラスチック製が多いのに対して、iPhoneは金属製だからです。ケースの裏側から落ちたとしても衝撃を吸収しやすく、腰の位置から落としただけでも画面が見事に割れるケースが多いですね。

 

なので、万が一落としてしまった時に衝撃をしっかり吸収してくれるラバータイプ・弾力性がある樹脂系のケースが一押しです。ポリカーボネート製ケースの場合、見た目は最高にクールですが、落とした時の衝撃吸収力はあまり見込めません。

 

意外かも知れませんが、iPhone修理に持ち込まれる多くの方が、カバーケース使用せずに、強化ガラスフィルムを貼っただけで使用しています。iPhoneの外見がオシャレなのでカバーするのは勿体なく感じてしまうのもとても良く分かります。
ですが、ガラスを割らないで長く使用するならば、カバーはぜひ役立てたいマストアイテムです。

 

 

 

まとめ

iPhoneの液晶画面が割れてしまった場合、正規店による修理代金は、AppleCare+に加入していると3,400円、未加入だと12, 800〜14,800円です。修理業者であれば5,000円台で修理可能でしょう。

 

一度破損すると、そのまま使い続けるには見た目が悪いし、直すにもお金や時間がかかります。それに最悪の場合データが消失してしまう場合も。しっかりと対策をして、いつまでもお手持ちのiPhoneをキレイな状態で使っていきたいものですね。