iPhoneの画面が割れたままで使い続けるデメリット

iPhoneの画面が割れたり、ヒビの入った状態で使い続けたりする方がとても多いです。「まだ使えるし、修理に出すなら他のことにお金を使いたい」その気持ち、よく分かります。でも、そのまま使い続けると、大後悔の結末が待ち構えているかもしれません。iPhoneの画面が割れたままで使い続けるデメリットを詳しく見ていくことにしましょう。

 

突如タッチパネルが使用不可に!引き継ぎできなくなることも

iPhoneの画面が割れても、少し動画が見にくいくらいで案外いつも通りに使えてしまうものですよね。だからこそ、修理を先延ばしにしたくなります。しばらくは問題なく使用できるかも知れませんが、それも時間の問題です。

 

iPhoneには、映像を映し出す液晶や指の動作を感知するデジタイザーという部品が組み込まれています。修理しない限り、この部分にどんどんダメージが蓄積し、最終的には画面が一切写らなくなります。

 

こうなると、操作ができないので、ラインやゲームなどのバックアップ・引き継ぎが出来なくなってしまうのです。

 

ガラスの破片で思わぬ怪我をした例もあります

特に仰向けになって使用していると、まるでiPhoneから粉を吹いたようなガラスの破片が落ちてくることも。目に入ってしまえば危険です。さらにポケットや鞄に入れている間に破片がこぼれ落ち、思わぬ怪我に繋がることもあります。

 

内部パーツが露出して、修理費が増す・完全に動かなくなるケース

さらに放置を続けていると、内部のパーツが露出してきます。画面側であれば、ホームボタンや音量ボタン、スリープボタンなどに不具合が出やすいです。修理内容も複雑になり、修理費がかさみます。さらに、割れで生じたガラスの破片が、iPhoneを動作させるのに不可欠なメインボードを傷つけた場合、修理不可の状態になってしまうこともあるんです。

 

 

 

水に触れたり、水没したりすると致命的!使えなくなるかも?!

わずかな割れ目から水が入り込み、内部の部品を故障させます。特にiPhoneの内部センサーやバッテリーはきわめて水に弱い特性をもちます。なので、湿気や、通常であれば気にも留めないような水滴であっても、画面が割れた状態のiPhoneにとっては大きなダメージとなってしまうでしょう。

まとめ

iPhoneの画面は割れたままでも少し不自由なくらいで、案外使えてしまえます。だからこそ、iPhone修理は先延ばしされがちなのですが、ご紹介した通り、放置するほどに出費・データ管理のリスクが高まります。画面の修理であれば5,000円前後で可能なので、面倒に思わず、しっかりとできるだけ早く修理に出すことをおすすめします。