失敗しない・信用できるiPhone修理非正規店の見分け方

アップルの補償期間から外れてしまった・なるべく早く修理したいという時に修理非正規店の利用を考える方も多いです。「どの修理店でも内容は同じ」と適当にお店を決めてしまえば、後で大後悔することも。信頼できるiPhone修理非正規店の見極め方をご紹介します。

 

実際にあった怖い話

「他の非正規店で修理をしてもらってから数カ月で故障してしまった」とご来店頂いたケースがありました。カバーを外してみると…。なんとカメラの位置がずれていて、経費削減のためか必要なネジ・部品がなかったのです。「お客には分からないから」と雑な修理が行われていたのだと思います。こうした、同じ修理業者として申し訳ないことも多々起きています。後悔しないためにも、しっかりと修理業者を見極めることが大切です。

 

 

 

信頼できるiPhone修理非正規店の見分け方1:電話対応は適切か

実力のある修理屋さんであれば、電話での状況ヒアリングで、どの箇所の修理が必要なのかが分かります。スムーズな修理になるように、しっかりと状況を聞いてくれるか確認しましょう。

 

信用できるiPhone修理非正規店の見分け方2:ホームページの金額と口頭での金額に差がないか

一部悪質な業者では、ホームページの値段がとても安く魅力的に記載されていますが、来店すると「作業費がプラスされる」「液晶画面の割れ・不具合で値段が違う」など色々なオプションが含まれるケースもあります。こうなると、なんだか不信感を抱いてしまいますよね。事前に電話で値段を確認し、ホームページ上の金額と大差なく、値段体形が明瞭かどうか確認しましょう。

 

信用できるiPhone修理非正規店の見分け方3:実績・口コミが良好か

修理屋さんの実力はお店によって様々です。ほとんどの修理業者では問題ありませんが、極一部で先にご紹介したような適当な修理を行う業者があるのも本当です。必ず、口コミサイトでの評判をチェックしましょう。

 

信用できるiPhone修理非正規店の見分け方4:来店時にはっきりと値段を教えてくれるか

修理に入るまえに、iPhoneの修理箇所と値段を明確に教えてくれるか確認しましょう。プロの修理屋であれば修理箇所や、他に不具合の出ていそうな箇所の検討もつくので、もし追加料金が発生するならば事前に伝えてくれるはずです。お店によっては、iPhoneの中を見せながら修理箇所の説明をするところも。そのくらい、修理の説明は丁寧に行うものです。具体的な説明もなく修理後に追加料金を請求されるようであれば、元の状態に戻してもらいキャンセルした方がよいかも知れません。

 

まとめ

修理店を見極める方法をいくつかご紹介しました。残念なことに、誠心誠意を込めて対応する非正規修理店も多い一方で、そうした努力を無駄にするような悪質な修理業者もあります。本記事を参考にして、後悔のない気持ちのよいiPhone修理を叶えて頂ければ幸いです。