使い方で持ちが数年違う!バッテリーの消耗を抑えてiPhoneを長く愛用する方法

AppleはiPhoneのバッテリーが正常に働く期間として3年を想定していると発表しています。ですが実際のところ、3年ももつ方は稀です。実は使い方に問題のあるケースが多いんです!早い方だと1年で交換することも。本記事では、バッテリーの消耗を抑える方法を伝授します。

 

バッテリーの消耗を抑えるポイント2点

iPhoneのバッテリーは400回の満充電で限界に達するように設計されています。400回を超えるとバッテリーの消耗・劣化から、購入当初の80%までしか充電できなくなり、消費量が多くなっていきます。iPhoneの内蔵バッテリーを長く使うには、以下の2点がポイントになります。

  1. バッテリーの電力消耗を抑えて充電回数を減らす
  2. バッテリーに負荷をかけないで、劣化を回避する使い方をする

次に具体的なバッテリー消耗・劣化対策を見ていくことにしましょう!

 

工夫1:画面の明るさを暗くする

ご存知の方も多いと思いますが、画面が明るいだけ電力消費量がかさみます。コントロールパネルから画面の明るさを調整しましょう。

 

工夫2:充電は50%の時点が目安

なんとなく、ギリギリの10%以下になってから充電することが多いですよね。ですが本当のところ、バッテリーの劣化を抑えるには50%を切ったら充電が目安です!50%以下を下回るほどに放電深度が高くなる為、バッテリーへの負荷が許容量を超えてしまいやすくなります。

 

工夫3:過充電に要注意

アラーム機能を使うために、又は朝に備えて、寝る前に電源プラグをさして朝までそのまま…。なんてことはありませんか?過充電になってバッテリーの劣化を早めてしまいます。iPhoneのバッテリーには「過充電防止回路」が設置されていますが、その実力がどれほどなのかはハッキリと言いきれません。フル充電してから1〜2時間のタイミングでプラグを外すようにしましょう。

 

工夫3:高温の場所に置かない・高温の場所で充電しない

一般の精密機器でもそうですが、iPhoneは高温が苦手です。暑い場所で充電や猛暑の中、長時間外に置く、直射日光に当てるなどは避けましょう。

 

工夫4:位置情報をオフにする

位置情報を得るためにGPS通信が常に起動した状態では常にバッテリーに負担をかけます。必要な時だけに位置情報をオンにしましょう。

 

工夫5:プッシュ通知・不要な通知をオフにする

メールの受信などをリアルタイムで知らせてくれる機能=プッシュ通知や、あまり使用しないアプリの通知をオフにしましょう。通知の度に5秒以上自動的に画面が表示されるのでは勿体ないですよね。

 

工夫6:バックグラウンド更新・アプリの自動ダウンロードをオフにする(iPhone7以降)

あまり使わないアプリが更新されても、あまり意味ない上、更新の度に多少なりとも電力を消費します。なので、設定→一般→アプリのバックグラウンド更新を適宜オフにして、必要なアプリの自動更新のみに設定し直しましょう。

 

まとめ

iPhoneのバッテリーの消耗を遅らせ、バッテリーに負担をかけない使い方を抑えれば、交換のためにiPhone修理にだす回数が減ります。今回ご紹介した内容はどれも簡単に実践できるものなので、ぜひ、今からトライしてみて下さいね。